*

山田邦子 干された? 旦那との仲は?

公開日: : 最終更新日:2015/07/11 ごぶさたな人

山田 邦子さんはテレビをつけるたびに出ていたくらい人気者でした。それなのにある時からプッツンと表舞台から見なくなりました。「干された」という噂がありますが、今はどこで何をしていらっしゃるのでしょうか?

スポンサードリンク


デビュー当時は物真似などのお笑いでピン芸人として活動をしていました。後にお笑いブームが広がるようになり、持ちネタのバスガイドを真似た「山田ギャグ」が若者の間でウケるようになります。

またギャグにも使われた「ぶりっ子」は流行語になり、さらにテレビでの出演回数が増したそうです。今も、当時も芸能界の大物であった関口宏氏にも認められたのが功を奏してか、TBS系列のトレンディドラマにも出演し、女優としての活躍も見せます。

ちょうど同じ時期に日本で最初に起こった「漫才ブーム」の勢いに乗り、レギュラー番組も増え続け、週に14本をこなしていたというから驚きですね。

そして伝説の番組「オレたちひょうきん族」には初回から最終回まで出演します。この事はテレビ局側も山田邦子さんに頼っていた証でもあります。

歌手としての活動もしていましたね。番組内での企画で当時人気アイドルユニット”ウィンク”にあやかろうと”やまだかつてないWink”を一般視聴者から募集し、そして”横山知枝”さんとユニットを結成。「さよならだけどさよならじゃない」がヒットして週間オリコンの2位を記録しました。

今聞いても古臭くなく、覚えやすく、歌いやすく、振り付けもかわいいこの名曲は、卒業ソングとしても有名です。
ちなみに作詞は山田邦子さん、作曲はKANさんです。

とにかくその当時としては女お笑い芸人としては群を抜き、破格のギャラを得ていました。
露出度を比較すれば”久本雅美”さんクラスではないでしょうか。

【干された理由】
人を気遣い、仲間想いの性格が災いして番組スタッフとぶつかるなどトラブルがあったようです。(会社側と対立する労働組合長に似ているかな?)決定的だったのが1992年の「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」の降板と打ち切り。その後新番組もスタートするが、ライバルはあの「笑っていとも」だったので視聴率も伸びずに終了しました。とにかく好き嫌いがハッキリしていて、正義感の強い方なので、一旦口から出た言葉を引っ込めることが苦手だったようですね。
そのような問題があってしだいに私たちの前から消えていったようです。

【略奪結婚そして乳がん】
2000年に番組制作会社社長の後藤史郎さんと入籍します。当時から略奪婚の報道があったとおり、後藤さんには妻子いて問題になりましたが、ちゃんと和解されています。
また2007年に「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 スペシャル」で偶然乳癌が見つかり、同年無事に手術成功。このことをきっかけに癌に対する理解をすすめる啓蒙活動に関わっていきます。

【旦那さんとは?】
山田邦子さんの旦那さんはとても良い夫だそうで、彼女自身が「離婚」にたいして恐怖感をもっているそうで、表ざった夫婦間トラブルは噂されていません。

そんな性格の彼女、2011年の東北地方太平洋沖地震ではいち早く街頭募金活動をおこなったり、同じ”山田”つながりで被災地の山田町にも支援で訪れ、今では「山田町復興ふるさと大使」を任命され積極的に活動されています。

■プロフィール
芸名     山田 邦子(やまだ くにこ)
本名    後藤 邦子(ごとう くにこ) 旧姓:山田
生年月日  1960年〈昭和35年〉6月13日
出身地    東京都板橋区
身長     168cm
血液型   B型
職業    日本のお笑いタレント
所属事務所 太田プロダクション所属
*************************************************

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替