*

LiLiCo(リリコ)の弟は大学准教授!才能はLiLiCo譲り?

公開日: : 人気有名人

LLiLiCo(リリコ)さんは自身の波乱万丈な過去をカミングアウトしてからは一気に時の人になりましたね。
同時に彼女の弟さんが33歳の若さで母国スェーデンの大学で準教授をしていることにも話題になりました。

LiLiCo02

弟さんは9歳年下のトーマスさん。経営学の博士号を取得していて、6ヶ国語を話せる秀才です。
だけど、姉のLiLiCoさんも母国語のスウェーデン語、日本語、英語、ドイツ語、スペイン語と語学に関しては準教授の弟に引けを取らない才能の持ち主。
出典:公式ブログ

ドイツの考古学者シュリーマンは18ヶ国語を音読によってマスターしたそうだけど、LiLiCoさんは例えるならば現地に飛び込んで語学を取得する”実践体当たり型”でしょう。
18歳で来日して初めて日本語を覚えたとは思えないくらい完璧な発音ですね。

スェーデンで暮らす弟さんには家庭があり、LiLiCoさんの甥や姪にあたる子供も居ます。
その可愛さにLiLiCoさんは「全財産をあげる」というほどの溺愛ぶり。

しかし、その弟トーマスさんは生まれてすぐに病にかかり、医師から「余命3年」を宣告されたそうですが、その後奇跡的に回復をした体験があります。
その出来事がLiLiCoさんにとって最初に知った「命の尊さ」でした。

スェーデン人の父親も日本人の母と別れた後、新しいパートナーを見つけ元気で暮らしています。
たまにLiLiCoさんが帰郷するとパートナー(お母さん)も父親も暖かく迎えてくれるようですね。

その新しい”お母さん”はLiLiCoさんが受けてきた実母との辛い過去を
涙を流しながら聞いてくれる優しい心の持ち主で、二人の関係は
「とても上手くいっている」と語っています。

スポンサードリンク

【実母との辛い過去】
日本人である実母は自殺未遂を30年間も繰り返してきた後、2014年に病死されています。
統合失調症という病名で、その病が原因かどうかは不明ですが、LiLiCoさんは幼いときから壮絶な言葉の暴力を受けてきています。

元は夫との喧嘩がエスカレートした形で子どもたちにまで被害が及んだようです。
そして母の憎悪の対象は次第に夫からLiLiCoさんへと変化していきました。

「あなたは私の子どもじゃない」「生んだ覚えはない」と怒鳴られ、
激怒した時は「お母さん」と呼ぶことも許されなかった。

北欧では家族の誕生日を祝うのはごく当たり前のイベントです。
しかしLiLiCoさんにとって思い出したくないイベントでした。

”ある年の母の誕生日。朝起きてリビングに入っていった私に、母が突然こう言った。
「ねえ、アンソフィー(LiLiCoさんの本名)。今日はお父さんとふたりで、どこかへ出かけてきて」
「ええっ? だって、今日はお母さんの誕生日だよ」
「だからよ! 誕生日くらい、あなたたちのことをわすれさせてちょうだい」”
(『ザリガニとひまわり』より)

【日本での祖母との暮らし】
そんな不遇の思春期を過ごしてきたたLiLiCoさんが初めて家族のぬくもりを感じたのが祖母との暮らした時期だったそうです。
両親の離婚によって来日した時は言葉の壁がありました。しかし優しい祖母は一日中話しかけて日本語を覚えさせてくれていたそうです。

苦手な日本食でも祖母の作る肉じゃがはご馳走だったようで、今でも大好きな祖母を思い出すたび涙が出てくると語っています。

また、18歳のLiLiCoさんには日本の芸能界デビューの夢を持っていたこともあり、語学力はメキメキ伸びていきました。

【ホームレス生活】
日本の芸能界デビューの夢を持ち続けたLiLiCoさんは、小さな芸能事務所に通い、紆余曲折の挙句、26歳まで車での生活を当時のマネージャーと送っていました。
しかし28歳で一人になり、アルバイトを重ねながらも少ないチャンス掴み、数々の人たちと交流を重ねようやく現在の仕事を掴みます。

【LiLiCoの名前の由来】
本名はアンソフィーなのに何故LiLiCoになったかというと、海外テレビドラマ「Lace」(邦題:フィービー・ケイツのレース)の大ファンで、主公”リリー”に日本女性特有の”子”をつけただけという簡單な発想からでした。
ドラマLace

【”今、人生で一番頑張っている”】
よくこれまで「ヒネクレなかった」と感心してしまいますが、売れっ子になった現在のほうが下積み時代の時より努力をしているそうです。
めげそうになっても「疲れている場合じゃない」と自分を叱咤激励してきているそうです。

そんな日々の努力が実り念願だった「東京フレンドパーク」や「徹子の部屋」にも出演を果たしました。

たった一度しかない人生だから、明日のために惜しみない努力を今する。
友人、知人との数々の死別を経験するうちにその考えはいっそう強まったようですね。
出典::rubese.net

ライオンまで誘惑

■プロフィール

芸名    LiLiCo (リリコ)
本名    篠﨑アンソフィー(しのざき あんそふぃー)
生年月日  1970年11月16日
出身地   スェーデン ストックホルム
身長    168cm
血液型   A型
職業    映画コメンテーター タレント 歌手
所属事務所 プランチャイム

*******************************************************

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替