*

蟹江敬三 死去。能年玲奈も知らない 究極の悪役だった!

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 星になった有名人

蟹江敬三さんが胃がんで亡くなった。そして2014年5月13日に営まれた”お別れの会”にはあまちゃんで共演した能年玲奈さん等、スター達が別れを惜しみました。

スポンサードリンク

若い世代の方はご存じないでしょうが、1970年代は蟹江敬三さんはバリバリの悪役でした。
とにかく「ハンパない」その迫真の演技は話題を呼びました。当時、他にも悪役俳優さんが大勢いましたが、個人的に蟹江敬三さんは5本の指に入る悪役です。

晩年の「ガイアの夜明け」でぼくとつな声が今でも忘れられませんが、デビュー当時は悪役を美学ととらえて演技されていたそうです。

役者さんにとって”悪”は非現実的である一面、「自身の認知しない本性の一部かもしれない」という思うことで役に入っていくそうです。
純粋に役をするうえで魅力的な分野だといわれているそうです。

その悪役の世界で蟹江敬三さんは究極の”恐怖”を研究されていたのかもしれません。

水谷豊さんが主演した『熱中時代』に出演された蟹江敬三さんの役は180°変わって「派出所のお回りさん」でした。

おそらくこの頃から次第に悪役のイメージ転換を図られていたのかもしれません。

そんな蟹江敬三さんの身体に2013年の12月に胃がんが見つかります。このときすでに末期状態だったとのこと。その後入退院を繰り返し、2014年2月の復帰を図りましたが同年3月30日午前8時27分に死去されました。(69歳)

■プロフィール
芸名    蟹江 敬三(かにえ けいぞう)
本名    同じ
生年月日  1944年10月28日~2014年3月30日(満69歳没)
出身地   東京都 江戸川区 小松川町
身長    172cm
血液型   A型
職業    俳優、ナレーター
所属事務所 A企画

*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。..。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替