*

伊藤 俊人、ショムニでの名脇役。死因はくも膜下

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 星になった有名人 , , ,

個性的な役者さんでした。腰ぎんちゃく的な役柄で良い味出していました。”くも膜下出血”で亡くなりました。

スポンサードリンク

伊藤さんは大学を卒業した後に一度就職されていました。サラリーマン時代のある日、大学の同期であった脚本家の二谷幸喜さんと街で偶然出会い、役者の道へ誘われます。ここが彼のターニングポイントになりました。
ちょうど二谷さんが1983年に旗揚げした劇団「東京サンシャインボーイズ」に誘われますが、伊藤さんがサラリーマンをされていた関係で、初参加したのは1990年と記されていますから後期に参加されました。

大学時代も芸術学部の演劇学科演技コースを卒業されていますから役者への想いは強かったのか、と推察できます。

折しも、二谷さんの計らいもあり、「古畑任三郎」シリーズに参加します。そして彼に一番光がさしたのが「ショムニ」でした。

ドラマ自体、ジョークっぽい感じでしたので、”満帆商事株式会社”で人事部の上司:寺崎役(高橋克己さん)と部下:野々村(伊藤さん)の掛け合いが笑えました。

プライベートではこの「ショムニ」の撮影で出会ったスタイリストさんと結婚します。
人気役者として、また夫としての人生が、これから花開くはずでした。
さぞや無念だったと思います。

告別式に流れた曲が伊藤さんが好きだったモンキーズの「デイ・ドリーム・ビリーバー」

親友である二谷幸喜さんが弔辞でこう、語られました。

サヨナラという言葉は使いたくない、舞台や劇場と同じように、オツカレサマ!と、言わせてください

伊藤俊人さん、本当にお疲れ様でした。(合掌)

■プロフィール
芸名    伊藤 俊人(いとう としひと)
本名    同じ
生年月日  1962年2月16日~2002年5月24日)(満40歳没)
出身地   新潟県 新潟市
身長    -
血液型 –
職業    俳優
所属事務所 太田プロ

*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。..。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替