*

安西マリア 60歳でうつ病  息子と母の事

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 星になった有名人

華やかな芸能界の裏側で人知れず果敢に戦った安西マリアさん。そんな彼女の壮絶な戦いがありました。

スポンサードリンク

祖父がドイツ人であるのでクォーターの彼女。
ホリの深い顔立ちと印象の強い目線でしたので、ゴールデン・ハーフ(当時大人気のハーフの女の子のグループ)も活躍していたので、よく雑誌でも並ぶように掲載されていました。

【知っているのに知らん振り】
安西マリアさんはこの代表曲でもある「涙の太陽」で1973年にデビューしました。タイトルはこの曲の有名なフレーズですが
お笑い界の大御所、小松政夫さんと伊東四郎さんが劇中に歌って
ギャグにしていました。この曲で日本レコード大賞の新人賞を受賞するなど、順調な芸能界デビューを果たしたました。

一番ヒットした曲は「涙の太陽」です。顔の横で手のひらをヒラヒラするのが印象的で、衝撃度の高でそれを上回る曲は続かなかったようです。

【トラブル~引退】
安西マリアさんは1983年には事務所とのトラブルで裁判沙汰になるまでに発展しました。トラブルといっても安西さんには大きな落ち度は無く、事務所からの脅迫や暴力が原因だった。今でこそ「とんでもない事務所だ」と思いがちだが、その当時の芸能事務所はそんなトラブルなんて日常茶飯事のことです。

この事務所社長は元暴力団幹部でその後警察に逮捕されています。でも、その裏事情を世間に公表する事はタブーであり、「暗黙の了解」でもありました。それを裁判という形で安西マリアさんは公にしてしまったことで、芸能界には居づらくなりました。

そしてこの年、デビュー当事に彼女の担当だった男性マネージャーと駆け落ちし、そのまま芸能界を引退。ハワイへ移住します。かなり精神的に追い込まれて「うつ病」になっていたみたいです。

【再起をかけた戦い】
一男をもうけますが、この子には知的障害があったそうです。
また実母の認知症も発症しており、彼女は是が非でもお金を稼がなくてはいけなくなりました。
1990年元マネージャーとも結婚を解消しています。(原因は夫の浮気)
2000年には入り、彼女は芸能界復帰を決意、様々な活動を続けていました。

【危篤状態】
2014年に入ってすぐに彼女の身体に異常がみられると事務所が発表。
そして2月20日自宅にいた安西マリアさんは無の傷みに危機を感じ、自ら119番通報します。その間、家の中には彼女のほかに息子もいましたが、障害のある彼には事の重大さは理解出来ませんでした。

【脳死~託された命】
その後の事務所発表では、人工呼吸器によって命がもたされているとのことでしたね…つまり脳死状態ということですか…
そして肉親では母親と息子の次にあたる叔父さんに延命措置の有無が託されます。

【心残りの旅立ち】
2014年3月15日安西マリアさんの波乱に満ちた人生は閉じられました。認知症の母、知的障害で自立不可能の息子を置いての旅立ちは無念でしょう。
ご冥福をお祈りいたします。

■プロフィール
芸名    安西 マリア(あんざい まりあ)
本名    柴崎 麻利子(しばさき まりこ)
生年月日  1953年12月16日~2014年3月15日(満60歳没)
出身地   東京都
身長    158cm
血液型   A型
職業    歌手 女優
所属事務所 10-POINT

*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。..。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。

Comment

  1. 来栖 庸夫 より:

    私と同年の方親しみも感じていましたが、亡くなられて残念に思います。私も彼女がデビューした当時は、テレビを見て。歌に聞きいったものです。今ごろまで元気でいらっしゃれば、たぶん地方公演などにきて、見にいくこともあったとも思います。芸能人の方などは、華々しいようですが、やはりそれなりに大変なのですね。青春の良き思い出をありがとうございました。……としか申しあげられません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替