*

天地真理、アイドル全盛期と今…

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 ごぶさたな人

1970年代、日本のポップアイドルだった真理ちゃん子供から大人まで日本中があなたを好きでした!”真理ちゃんは永遠のアイドル”ですね。

スポンサードリンク

とにかく可愛かったし、綺麗だったし、歌も上手だったみんなの天地真理さん!「恋する夏の日」がヒットしてたあの時代が懐かしいです。
日本中に天地真理ファンはいました。しかし、時代は流れ、いつしか彼女は我々の前から姿を消してしまった‥

【突然現れた白雪姫】
1971年のデビューから突然の売れ行きで、人気も一気に頂点になりました。それは何といっても丸顔でカワイイ顔立ちなのにその歌唱力が彼女を時のスターに押し上げたのです。ドラマ「時間ですよ」で屋根の上でギターを弾きながら歌った”となりのまりちゃん”は少年たちの憧れの存在でした。

【国民的アイドル】
ドリフの「8時だよ!全員集合」をはじめ「紅白歌のベストテン」など歌はもちろん芝居やコントまで幅広い活躍で男性ばかりか、幼い女の子までもが「まりちゃん」と声援を送っていました。そういえば女の子仕様の自転車なんかも売られていましたね。

【体調の異変そして休養】
1977年に甲状腺機能不全で芸能界を一時休業しました。
その後森光子さんや作曲家の森田公一さん等が彼女の復帰の後押しをして、見事復帰を果たしますが、以前のような輝きは色落ち、そして度重なるストレスでの入退院。次第にテレビから遠ざかりました。

【変貌とストレス】
次に天地真理の名前を聞いたのが1986年「セミヌード写真集」の発刊。受け入れがたいショックでした。「脱:清純派」を図ったのか真意はわかりませんが、ファンだった世の男性は衝撃を受けました。このことがきっかけで世間では”まりちゃん”のことは話題から消えていきました。

【やっぱりみんなのアイドル】
まもなく結婚、そして離婚とまたたくまに10年が過ぎ、白雪姫は我々の前に姿を現すことはありませんでした。

ある再会企画のテレビ番組で小柳ルミ子さんとの共演を果たしました。しかし当時の姿とはかけ離れていましたね。

蓄積されたストレスなどの体調が思わしくなかったのか、彼女の体重は増加をしてしまったのでしょう。

でも親友の小柳ルミ子さんに時折見せたあの笑顔は、間違いなく皆のまりちゃんだったので少しホッとしました。

■プロフィール
芸名     天地真理(あまち まり)
本名    齋藤眞理(さいとう まり)
生年月日  1951年11月5日
出身地   埼玉県 大宮市(現:さいたま市)
身長    158cm
血液型   O型
職業    歌手
所属事務所 元渡辺プロダクション所属
*************************************************

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替