*

勝地涼 あまちゃんの前髪クネ男の演出はアノ俳優だった

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 人気有名人

勝地涼さんといえば舞台を中心としてドラマやCMで見かけない日は無いほどの人気者。ドラマでは特に印象深かった「あまちゃん」の前髪クネ男は未だに語り継がれています。

スポンサードリンク




【”あまちゃん”で強烈な印象】
2013年に大ヒットしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」では、観た人が「え?たった一話しか出ていないの?」と口を揃えるほど強烈な個性で視聴者に印象を残しました。

あらすじは売れっ子タレントのTOSHIYAこと(前髪クネ男)が能年玲奈ちゃんに演技でキスを迫る役ですが、共演者で舞台でも共演して気心の知れた古田新太さんが”前髪クネ男”の演出を即席で担当。

「もっと腰を使うんだよ!」と、半ばフザケて教えた腰の動きを勝地涼さんは本番で忠実に再現してしまいます。すると打ち上げで古田新太さんから「お前はNHKに爪痕を残した」と激励されたそうです。

これを「良し」と取るか「否」と取るかの問題ですが勝地涼さんは素直に「あざ~っす!」
近所の子供達から「クネ男だクネ男」と指を刺されるほど印象深い演技でした。

【デビュー秘話は有名な話】
勝地涼さんが13歳の時に実家の花屋さんを堂本光一さんと瀬戸明日香さんがドラマ撮影のロケで訪れていました。
中学生になったばかりの勝地涼さんには「芸能人だ~」と興奮しながら脇で見学していた時に瀬戸明日香さんのマネージャーの目に止まったそうです。

その後、そのマネージャーから母親の元へ電話が入り、「見学していた中に可愛い子がいたけど知っていますか?」と聞いてきたところ、「それ、うちの子供です!」と確証のないのに即答し、そのまま勝地涼さんはオーディションを受けることになります。

面接の初めに台本読みの試験を受けたところ「いいじゃないか!」と高評価をうけるも、次の歌の審査でキンキキッズの「フラワー」を唄ったところ、あまりの音程のズレに衝撃をうけた社長さん「う~ん…君は歌は無いね」と落胆は隠せなかったそうです。

スポンサードリンク




【宮藤官九郎の目に留まる】
宮藤官九郎さんが最初に勝地涼さんの歌唱力に気づいたのが、2007年の舞台『犬顔家の一族の陰謀』の時でした。
当時、宮藤官九郎さんは演出ではなく古田新太さん等と出演していたのですが、その公演期間中に規律違反をした団員は本番の舞台、一幕と二幕の間の休憩中に観客の前で歌を歌わなければいけないという罰ゲームが設けられました。

その罰則に遅刻等を繰り返した勝地涼さんがつかまり、(竹刀を持って)森田健作さんの『さらば涙と言おう』を観客の前で独唱したところ、舞台袖で聞いていた宮藤官九郎さんが(こんなに歌の下手な奴がいるのか)と度肝を抜かし、いつかこの”才能”を活かそうと考えます。

【まさかのCDデビュー】
勝地涼さんの歌唱力が忘れられない宮藤官九郎さんがついにプロデュースしました。
配信限定ですが2014年3月26日『ドラゴン気取りのティーンエイジ・ブルース』と『下駄を鳴らしてセプテンバー』を配信。どちらも不可解なタイトルのCDですが大ヒットには至りませんでした。

そして今年(2015年)5月には『お風呂はぬるめの勝次郎』で勝地涼ではなく「勝 勝次郎」名義で本格的にCDデビュー。
作詞も一般募集したものを組み合わせるなど、一時盛り上がりを見せましたが、残念ながらこの曲も9月現在、ヒットした形跡はありません。

ただ、勝地涼さん曰く「歌はちょっとずつ上手くなっているのかもしれません」と自己評価していますが、賛同する人は少ないようです。

芸名    勝地 涼(かつぢ りょう)
本名    同じ
生年月日  1986年8月20日
出身地   東京都
身長    174cm
血液型   AB型
職業    俳優 声優
所属事務所 フォスタープラス

*************************************************

スポンサードリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替