*

有村架純 初の連ドラ主演 初の女性パイロット役に挑戦

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 人気有名人

人気女優の有村架純さんが初の連続ドラマ(WOWOW)で主演をすることが分かりました。

そのドラマはWOWOWで10月公開の『海に降る』
2012年に幻冬舎刊から出版された小説「海に降る」(原作 朱野帰子)を映像化したものです

連ドラ主演が初めてだったことが不思議なくらい、露出度の高い有村架純さんですが、今回の設定は「潜水調査船のパイロット」というからハードな撮影のようです

広告




<あらすじ>

日本初の潜水調査「しんかい6500(6K)」に有村架純さん演じる”深雪(みゆき)”が亡き父・厚志の果たせなかった夢を追うために6Kパイロットを目指すというもの。

そして念願かなって日本人初の女性パイロットとなった深雪は初潜行を控えたある日、父のロッカーから1本のテープを見つけてしまう。

そこに記録されていたのは深海に取り残されたパイロットたちの恐怖と絶望、そして父の最期の姿が収められていた。

今回のドラマでは沖縄本島近海の水深1500mまで潜っての4K撮影だそうですから、リアルな映像が堪能できそうです。また、実際のJAMSTEC(海洋研究開発機構)が撮影に協力している。

有村架純さんも台本を読んでいるだけで心臓がバクバクしていたと言うくらい、スケールの大きいドラマのようで、ビリギャルとは180度違った有村架純さんが見られそうです。

WOWOWプライム 10月スタート(毎週土曜 午後10時)

関連記事はこちらはこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替