*

さかなクン 父親は囲碁の天才ケンカ棋士だった!

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 人気有名人

タレントのさかなクンの父親は日本の囲碁棋士であることは一部で伝えられていましたが、どのような人柄で囲碁の打ち手なのか、殆ど知られていませんでした。

【木谷實九段に入門】

さかなクンのお父さんの名前は宮沢吾朗(みやざわ ごろう)さんで、1949年11月29日生まれです。

1961年に天才といわれた木谷實(くたに みのる)九段に入門しますが、木谷實氏が初めて宮沢吾朗さんを見た時に

久しぶりに尾のハネ上がった鯛をつかまえた

と言ったそうです。さかなクンが生まれる前に父親が魚に例えられることに運命を感じます。

広告




【荒々しい戦法】

わずが5年で入段したその囲碁戦法は、剛打・剛腕と恐れられ、その攻撃的な戦法ゆえに

先生(宮沢)の常識は世の非常識。常識人でありたいのなら、この先生の碁に深入りしてはならない

とまで言われたほどですから、本当にさかなクンの父親?と疑いたくなります。

59歳で史上26人目の公式戦通算800勝を達成。
通算成績は800勝524敗6持碁
ちなみに師匠・木谷實氏が亡くなった年にさかなクンが誕生しています。

広告




【意外な趣味】

攻撃的な性格はさかなクンにも遺伝されていると想像しただけで面白いですが、驚かされるのが父・宮沢吾朗さんは50歳を過ぎてからオートバイをはじめたそうで、カワサキ・GPX250R/IIを乗り回しているそうです(wikipediaから)

なかなか自由人です、さかなクンのお父さん。息子には囲碁の道を強要しなかったそうです。
さかなクンもこの型にはまらない父の教えを貫いたお陰で、水産の世界に没頭できたのかもしれません。

■プロフィール
芸名    さかなクン
本名    宮澤正之(みやざわ まさゆき)
生年月日  1975年8月6日
出身地   東京都
職業    日本の魚類学者 タレント イラストレーター
所属事務所 アナン・インターナショナル

*************************************************

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替