*

中村勘三郎 型破りな歌舞伎役者 病名は? 死因は?

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 星になった有名人

勘三郎さんといえば”型破り”な芸と言われましたが、それはひとえに歌舞伎の未来のためだけを思ってやってきた挑戦の数々でした。

スポンサードリンク

十八代目 中村 勘三郎 歌舞伎界の太陽のような存在だった。
気さくで明るいその人柄は歌舞伎界だけでなく、芸能界、政界
また私たち一般人にも広く愛された人でした。

【中村屋】
父は十七代目中村勘三郎。母は六代目菊五郎の娘である波野久枝の間で生まれたいわば”天命の人”でした。「十八代目中村勘三郎さん」というより国民の殆どは彼が子役から46年間の長い間名乗ってきた「五代目 中村 勘九郎」(ごだいめ なかむら かんくろう)のほうが馴染み深いと感じる事でしょう。今その名は勘三郎さんの長男が「六代目中村勘九郎」を襲名されていますね。

【歌舞伎役者としての挑戦】
何でも歌舞伎には大きく分けて二通りの演目があって、一つは
”時代物(じだいもの)”といって武家や公家といった庶民からは少しかけ離れた社会で起きた内容の演目です。また逆に庶民の生活の中で起きた騒動や話題を中心に演じられた”世話物(せわもの)”というそうです。(個人的には勘三郎さんが一番輝いて見えたのはこの世話物を演舞している時じゃなかったかな、と思います)他にも新歌舞伎(歌舞伎座の座付作者(ざつき さくしゃ)以外の作家が書いた演目の総称)の演目にも果敢に挑戦し続けました。代表作に野田秀樹さんが脚本を書いた「野田版 研辰の討たれ」があります。

【浅草パラダイス】
特筆すべきなのは歌舞伎以外の現代劇にも長く出演されています。代表作は「浅草パラダイス」で池島卯之助をコミカルに演じたのが印象的でした。また劇中で少し早口なしゃべり口調が、普段の勘三郎さんと変わりなく、その表裏の無さも人柄から出ているんですね。

【天命の子として】
勘三郎さんの跡継ぎは長男「六代目中村勘九郎」、次男「二代目中村七之助」と男子に恵まれ、「中村屋」は安泰となりました。しかし、勘三郎さんは長女、次女、長男と唯一の男子であるため、その期待と責任は大変なものであったと思います。しかしテレビなどで見る彼の姿には悲壮感や焦りといったイメージからは程遠く、歌舞伎界の将来のためには、何事にも体当たりで挑戦し続けました。そしてその姿は若手歌舞伎役者の手本となり、歌舞伎界に大きな影響を残しました。

【海外公演】
2004年には”平成中村座”としてニューヨークで上演を果たします。
とにかく日本の重要無形文化財である歌舞伎が日本以外で生で観られるというので、大変な騒ぎでした。また演目内容もサプライズ的な演出がされ、ニューヨーカーの心を鷲掴みにして上演は大成功を収めました。

【食道癌の発見】
その後ベルリンなどでも上演は行われ、海外に日本の伝統芸能である歌舞伎を強く印象にのこし、歌舞伎界に多大なる功績を収めることになりました。また2008年には「紫綬褒章」も受賞し、活動にも追い風となりました。平成中村座の挑戦はつづき2011年から2012年にかけて長男の襲名披露「平成中村座ロングラン公演」を行うなど休む暇も無く上演は続きました。そして千秋楽を無事に終えたのを見計らって、勘三郎さんは病院で健康診断を受診します。その時に初期の食道癌が発見された為、大事をとって年内の勘三郎としての演劇活動を停止して療養することになります。

【決意の公表】
マスコミにも自らが癌治療中であることを公表した勘三郎さんは何を思ったのか長野県で行われた「平成中村座 信州まつもと大歌舞伎」にサプライズ出演をします。「必ずこの舞台に帰ってきます」と場内の大声援に答え、舞台をあとにします。しかし、勘三郎さんがこの舞台に上がることはありませんでした。

2012年の7月の下旬に摘出手術を行い、一旦は回復をしますが11月になってこんどは肺に疾患(肺炎)が見つかってしまいます。
さらに肺水腫も同時発症をしてしまい、もはや勘三郎さんは人工呼吸器と人口肺に頼るのみとなってしまい、報道機関もいっせいに”重篤状態”であると報道しました。

全国の歌舞伎界ならびにファン、また勘三郎さんが好きな人たち全員の祈りは届きませんでした。2012年12月5日午前2時33分、歌舞伎界の大黒柱である十八代目 中村 勘三郎さんは息をひきとりました。57歳でした。

日本中に衝撃が走りました。「もうあの屈託の無い笑顔が見られなくなる」とファンは悲しみました。今思えば、長野県で無理をおしてサプライズ出演したのは、自らの運命の予感があったのかも知れませんね。そしてその長野県から「長野県松本市名誉市民」が、日本政府からは「旭日中綬章」が、 シビウ国際演劇祭からは「 ウォーク・オブ・フェイム受賞」がそれぞれ授与されています。心よりご冥福をお祈りいたします。

■プロフィール
芸名    中村勘三郎 (18代目)(なかむら かんざぶろう)
本名    波野哲明(なみの のりあき)
生年月日  1955年5月30日~2012年12月5日(満57歳没)
出身地   東京都
身長    165cm
血液型   O型
職業    歌舞伎俳優
屋号    中村屋

*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。..。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替