*

蛭子能収は認知症キャラ(?)でも高額年収って本当なの?

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 人気有名人

蛭子能収さんが2014.11.10 TBS『私の何がイケないの?』テレビ放送内で「軽度の認知障害」と診断されました

*************************************************
■プロフィール
芸名    蛭子能収(えびす よしかず)
本名    同じ
生年月日  1947年10月21日
出身地   熊本県 牛深市(現天草市)生まれ、長崎県 長崎市 戸町育ち
身長    174cm
血液型   O型
職業    漫画家 タレント
所属事務所 ファザーズコーポレーション

*************************************************

スポンサードリンク

蛭子能収さんはもう、本業の漫画家よりはるかにタレント活動のほうで活躍されている方です。

しかし、彼の発言には過去~現在に至るまでとっても不思議な発言を繰り返されていますから、今回の「軽度の認知障害」と聞いてもさほど驚きはしませんけど…

蛭子さんも直に70代ですから、このような病気も珍しくはないのでは…
それより私が驚いているのが彼の年収です。

蛭子さんに親しい方からの声では「本業の漫画は全収入の1割ほど」らしいです。
つまり今はタレント業のほうが本業に成ってしまっているようです。

気になる額はなんと「1億円超」。この金額はご本にがおっしゃっていますネ。
しかも旅ロケのバスの移動中でも共演者に「いくら儲かっていくら損した」とお金がらみの話が多くて、スタッフからダメ出しをくらったそうです。

そんな番組収録時もそうですが、蛭子さんっていつも恐ろしい程ラフな恰好をされていますよね。
1周間同じ服を着ているそうです。(お風呂は毎日入るそうですが)

お風呂といえば一時期お笑いタレントの様に熱湯風呂に浸かって笑いを取る営業が多い頃、同窓会で仲間から「情けない」と注意をうけるも、「その同級生たちの月給を1日で稼ぐんだから、止められない」と本音を語っています。

それにしても単純計算でバラエティ番組の出演料が50万円として、月16~17本あれば毎月800万以上の収入になるわけです。しかも奥様には「毎月50万円渡している」そうで、つい、(残りの金はどうなった?)と聞きたくなります。

彼を番組に採用する最大の理由はおそらく「他に類をみない貴重な存在」であることが挙げられるでしょう。

もう有名な話ですが、彼がテレビに出演した当初は、あの口下手で不器用で貧乏なキャラクターがウケて、明石家さんまさんから「ちょっとお洒落なホームレス」と名付けられましたね。

しかし、彼の場違いな発言や行動は次第に度を越すようになり、他人の葬儀中に「笑ってしまう」というのはあまりにも有名。
自身の身内の葬儀でも同じでだったそうです。また、ビートたけしさんのお母様が亡くなられた時もこの症状が出て、たけしさんは「残酷な旧日本兵」と称し、明石家さんまさんは「笑う悪魔」とホームレスから悪魔へ格上げしたほどです。

決して悪気はないのでしょう。しかし、彼の発言や行動で傷つく人はこれからも増すばかりのようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替