*

バンキシャの河上和雄さん敗血症で逝く…妻は歌手のあの人

公開日: : 最終更新日:2016/12/28 星になった有名人

『バンキシャ』での準レギュラーでコメンテーターとして活動されていました、河上和雄さんが2月7日午後4時50分、敗血症のため亡くなりました。享年81歳

東京大学法学部に進学し、在学中に司法試験合格を果たし、ハーバード大学ロースクール修士課程修了とすごい経歴の方ですね。

元・東京地検特捜部長でロッキード事件の捜査などで尽力したことが、マスコミで取り上げられて知名度が上がりました。
コメンテーターとしての河上和雄さんの口調は穏やかで的確ではあるのですが、時として辛辣な言葉を遠回しにいうので苦手としている視聴者も少なくはありませんでした。やはり一般人目線というより検察目線でしょうか…

【再婚相手は歌手の千葉紘子さん】
若い世代のひとには耳馴染みのない歌手でしょうね。ヒット曲はオリコンチャート最高位第9位を記録した「折鶴」です。
折鶴 千葉紘子

中学校教員免許の資格をもっている千葉紘子さんは「法務省の篤志面接委員」「保護司」と実績を重ね、全国各地の少年院を訪れてカウンセリングを行っているそうです。瀬戸山賞、法務大臣表彰は複数回授与されています。
そんな千葉紘子さんの活動と職業上重なったのが河上和雄さんとの縁であるというのが通説です。

【東国原英夫元・知事とのバトル】
2009年6月28日バンキシャ内でのやり取りが面白かった。中央集権から地方への権利の移管を唱えた東国原氏に河上和雄さんは「テレビで人気の出た知事は土台が不安定だ」と釘を刺した。

【最後に】
疑問を抱いたら「分析」をし、「検証」を重ね、「判断」をし、「実行」する
こんな賢人が世を去ったことは日本の損失かもしれません。
しかし同時に1986年中曽根政権時に起きた「三菱重工転換社債贈収賄事件」の真相も闇に葬られるかたちになりました。なぜ操作は打ち切られたのか?最後に全容を語っていただきたかった…<合掌>

■プロフィール
名 前   河上 和雄(かわかみ かずお)
生年月日    1933年4月26日 – 2015年2月7日(81歳没)
出身地   東京都
血液型     O型
職業    検察官 弁護士 法学者
家族    作家の三好徹は実兄である
*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。..。.:*:.。…。.:*:.。…。.:*:.。.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替