*

瑛太、仕事のストレス発散はライヴ・コンサートで絶叫!?

公開日: : 人気有名人

twitterによると俳優の瑛太さんは多忙な合間を縫って積極的にライブ・コンサートへ足を運んでいるようです。

【くるり】
2014年10月18日に公開された映画『まほろ駅前狂騒曲』の主題歌を担当したのが「くるり」というロックバンドですが、瑛太さんは「くるり」のファンだったことがtwitterで判りました。

スポンサードリンク




11月18日のtwitterでは

くるり。やはり、たまらん、くるり。最高のライブだったー。初めて1人でライブ行ったけど、1人で行くのもいいね。音楽っていいなー。音楽の授業はあるのに、何で芝居の授業ないのかなー

どうやら「くるり」の「東京3DAYS」最終日の”東京都・新木場 STUDIO COAST”のステージを観てきたようです。
”1人で行くのもいい”ということですが、普段はどなたと行くのでしょうね?

でも、瑛太さん以上に「くるり」のファンということでは『殿、利息でござる!』でケチな金貸し浅野屋甚内を演じている妻夫木聡さんに軍配はあがるでしょう。

「くるり」の「ハイウェイ」という曲のPVにも出演するほど親交は厚いようですね。

ツイッターを見る限り、普段から瑛太さんは時間が空けばライブコンサートなど観ているようです。

ReN(蓮)のコンサートの感想

昨夜、長渕剛さんの息子さんの蓮くんのライブを観にいった。人柄、音楽性、歌声、本当に素晴らしかった。初めてライブでぎゃあああって叫んだ。今後も蓮くんの歌を聴いていきたい。いやー、、まいった。タマラナイ。

そして車での移動時のコメント

鰻までスーパーカー聴く

”Lucky”なんか聴いていそうですね

また尊敬する長渕剛のオールナイトライヴ2015に出向くなど精力的にこなしています。

それにしても売れっ子で忙しいのによく出かけますね。

二人のお子さんもまだ小さいのに…奥様の木村カエラさんは寛容ですね。

もっとも木村カエラさんがプロのミュージシャンですから普通の家庭よりは理解はあるのかもしれません。

スポンサードリンク




【ゼニと頭は、使いよう。】
そんな瑛太さんが2016年5月公開の映画『殿、利息でござる!』のキャッチコピーが「ゼニと頭は、使いよう。」です。
瑛太さんは吉岡宿イチの知恵者・菅原屋篤平治役で登場します。

主演は『なくもんか』でも一緒だった阿部サダヲさんと竹内結子さんが共演されています。

実際に起こった史実を基に書いた磯田道史さんの短編「穀田屋十三郎」を監督の中村義洋さんが脚本まで手掛けたコミカルな映画です。

他には妻夫木聡さん、松田龍平さん、そして大御所の草笛光子さん、山崎努さんと、豪華キャストが名を連ねている実録時代劇です。

共演者の松田龍平さんといえば『まほろ駅前狂騒曲』でも共演されていますし、プライベートでもお酒を飲みに行ったりする仲ですからお馴染みですね。

【ダイジェスト動画 予告編】
この『殿、利息でござる!』の予告編が公式サイトから見れますが、それを見るだけでもその映画の面白さが十分伝わってきます。

ただ、その予告編で気になる箇所がひとつ。

後半0:20のところで瑛太さんと主演の阿部サダヲさんの場面。

瑛太「頑張る…しかないでしょうな」

阿部サダヲ「頑張る?」

瑛太「ええ…。」

阿部サダヲ「何を?」と聞き返して場面が切り変わります。

30秒の予告編のうちの5秒なのですが、物語のセリフとしてはどうも引っかかる…

瑛太さんは何と言って返したのか…

気になるその答えは、2016年5月14日公開予定…って、けこうありますけど。

『殿、利息でござる!』

2016年5月14日(土)

出演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 草笛光子 山崎努 千葉雄大
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
原作:磯田道史『無私の日本人』所収
「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹

芸名    瑛太(えいた)
本名    永山 瑛太(ながやま えいた)
生年月日  1982年12月13日
出身地   東京都 板橋区
身長    179cm
血液型   B型
職業    俳優
所属事務所 パパドゥ

********************************************************************

スポンサードリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替