*

阿藤快さん死去。下町ロケットが最後のドラマ!?

公開日: : 最終更新日:2015/11/17 星になった有名人

俳優でタレントとしても人気のあった阿藤快さんが亡くなられました。69歳没。死因は病死か…いつも元気な姿しか見ていなかったので急な訃報に多くの方が驚かれています。

スポンサードリンク
 

【死因は病死!?】
11月15日、仕事場に現れないことを心配したスタッフが阿藤快さんの家族を伴って東京にある自宅を訪れた時にベッドで眠るように冷たくなっていた阿藤快さんを発見しました。

数日前から関係者に阿藤快さんが「背中が痛い」と訴えていたこともあり、恐らく死因は病死ではないかという事です。
背中が痛む前触れには心臓疾患も疑われますから…。
※追記
事務所関係者より阿藤快さんの死因は『大動脈破裂胸腔内出血』であったことが判りました。

【下町ロケット】
高視聴率を記録しているドラマ『下町ロケット』(TBS)の第一話で主人公:佃 航平(阿部寛)の父親時代からの顧問弁護士である田辺弁護士役で出演されていました。

実はプライベートでも阿藤快さんは役者になる以前に弁護士を目指して東京都立大学法学部法律学科に進学したほど。
弁護士への夢はドイツ語の単位が不足していたために断念しました。

現実の弁護士への夢は絶たれましたが、弁護士役で夢を叶えたのかもしれませんね。

スポンサードリンク
 

【なんだかなー】
このセリフが阿藤快さんの代名詞にもなりました。
グルメ番組や旅番組などでもすっかりお馴染みになったあの笑顔はもう見られない…

Wikipediaによると最初にこの「なんだかなー」を使った理由が、撮影現場でのギスギスした空気を和らげるために
阿藤快さんが発したとされています。この事からも阿藤快さんが争いごとが嫌いな心優しい人柄であることが伝わってきます。


【悪役時代】
ある年代以上の人には阿藤快さんの悪役時代の演技を知っているでしょう。
身長が180センチを越す長身であったため、迫力がありました。

悪役路線は10年ほど演られていますが、セリフなんかとても短かった記憶があります。
そんな眼光鋭い悪役時代の阿藤快さんが後にこれほど個性的なタレントになるとは誰が想像したことでしょう。

現在、阿藤快さんのような”味のある俳優さん”は少なくなりました。
それだけにとても残念です。

芸名    阿藤 快 (あとう かい)
本名    阿藤 公一(あとう こういち)
生年月日  1946年11月14日~2015年11月15日
出身地   神奈川県 小田原市
身長    183cm
血液型   A型
職業    俳優 タレント
所属事務所 ボニート合同会社

スポンサードリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替