*

ウッチャンナンチャン 二人の年収の差が凄いことになっている

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 人気有名人

ナンチャンこと南原清隆さんは現在お昼の番組『ヒルナンデス』でMCを務めていますが、ウッチャンこと内村光良さんの営業単価はナンチャンを大きく上回っているようです。

昔からコンビを組むとボケ担当とツッコミ担当のどちらかに人気が偏るというパターンが一般的でした。

でも本業のコントや漫才以外に仕事の幅が広がることにより、とんねるず、ダウンタウン、さまぁ~ず、爆笑問題、くりぃむしちゅー、タカ&トシ、おぎやはぎ、博多華丸・大吉とボケもツッコミも両方生き残れる時代になりました。

それに違わずウッチャンナンチャンも同じ路線を歩んでいましたが、現在の二人には年収で大きな差が出ているそうです。

【ウッチャン(内村光良)のレギュラー番組】
・『世界の果てまでイッテQ!』
・『スクール革命!』
・『内村さまぁ~ず』
・『LIFE!-人生に捧げるコント-』
・『トリックハンター』
・『痛快TV スカッとジャパン』
他にも9月で終了したばかりの番組もありますが、内村光良さんの一番組のギャラが200万円前後と言われていますので、一番組の年収は億単位に迫る勢いです。

ピーク時で年8本のレギュラー番組があったわけですから、年収は確実に6億円を超えていると言われ、ビートたけし、所ジョージ、明石家さんまという大御所に肩を並べるにまでになりました。

【ナンチャン(南原清隆)のレギュラー番組】
一時期バラエティ番組で顔を見なくなったため、「嫌われて干された」とのデマが流れましたが、スポーツ好きだった南原清隆さんは、スポーツキャスターなどの営業も多く、実績を重ねた結果2004年東京運動記者クラブにも入会しているほどですから、そちらの分野で活躍されていました。

肝心のレギュラ-番組は
・『GET SPORTS』テレビ朝日
・『ヒルナンデス!』日本テレビ
・『世界遺産ドリームツアー』NHK総合(不定期放送)
・『住んでる人が見たい!世界の超!絶景ハウス』テレビ東京(不定期放送)
ラジオ番組
・『南原清隆のスポーツドリーム』ニッポン放送

と、決して干されてもいないし、暇でもありません。

ただ、2013年の「週刊誌FLASH」によると南原清隆さんが『ヒルナンデス!』で一番組110万円と内村光良さんの約半分の評価報酬のようです。

また今年のテレビ局別タレントの出演料も週刊誌に掲載されていましたが、内村光良さんのテレビ局6局の平均出演料が140万円でした。

しかし、その表には残念ながら南原清隆さんの名前は掲載されていませんでした。

ちなみに表の最下位にバナナマンの日村勇紀さんの平均出演料が1局あたり70万円を切っていますから、南原清隆さんはそれ以下と予想できます。

スポンサードリンク




【人望は厚いナンチャン】
プライベートでは友人は多いようで、なかでもタレントのヒロミさんと出川哲朗さんとは芸能界では同じ世代で気心がしれた友人同士です。

9月15日のヒルナンデスにもゲストでヒロミさんが出演されていましたが、番組最後にヒロミさんが照れながら自叙伝の出版報告をしていました。

「一行だけ南原のことが書いてある」とヒロミさんが言うと「それでもうれしい!」と喜んでいました。
そんな南原清隆さんとヒロミさんの生年月日が1965年2月13日と年月日が同じというのも縁を感じます。

ちなみに出川哲朗さんは1歳年上ですが生年月日が1964年2月13日と月日が3人並んで同じなのも不思議な縁です。

【ショートコントの草分け】
もともとウッチャンナンチャンの二人は古典的な漫才スタイルが苦手で、常に新しい分野を模索していました。
そこで出会ったのが”ショートコント”で、彼らのコントスタイルは、他の芸人たちに多大な影響を与えることになります。

コント赤信号の渡辺正行さんや爆笑問題の田中光さんも「ショートコントを確立したのはウッチャンナンチャン」と断言されています。

スポンサードリンク




【音楽ユニットの成功】
人気絶頂期のウッチャンナンチャンは1996年から始まったバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の頃からウッチャン派とナンチャン派と別れて競い合うという、良きライバル同士でした。

そして二人は番組の企画でそれぞれ音楽ユニットを結成し、お笑い界から音楽界へ挑戦をします。

ウッチャンは”ポケットビスケッツ”というユニットを組み、メンバー(内村光良、千秋、ウド鈴木)で繰り出すと、ナンチャンは”ブラックビスケッツ”というユニットで対抗。ただし現在メンバー(天野ひろゆき、ビビアン・スー)だけで、南原清隆さんのクレジットはありません(前期メンバー表記のみ)

ただ面白いことにナンチャンが作った”ブラックビスケッツ”のほうが音楽ユニットとして大成功しました。

ヴォーカルのビビアン・スーが台湾出身だったので、日本だけでなく台湾でも人気に火がつき、2曲目のシングル『タイミング-Timing-時機』はオリコン初登場でいきなりの2位!200万枚を売る大ヒットになりました。

1998年は日本レコードセールス大賞と新人ゴールド賞を受賞を獲得し、NHK紅白歌合戦にブラックビスケッツとポケットビスケッツが出場しています。

このようにコンビで収入に差ができるのは仕方がありません。ただ南原清隆さんの場合、本業以外にも「落語」や「狂言」と古典芸能に改めて挑戦するなど自分の可能性を広げることに余年がないようです。

ウッチャン

芸名    ウッチャン
本名    内村 光良(うちむら てるよし)
生年月日  1964年7月22日
出身地   熊本県 人吉市
身長    169cm
血液型   AB型
職業    お笑い芸人 俳優 司会者 映画監督
所属事務所 マセキ芸能社

*************************************************
ナンチャン

芸名    ナンチャン
本名    南原 清隆(なんばら きよたか)
生年月日  1965年2月13日
出身地   香川県 高松市
身長    174cm
血液型   AB型
職業    お笑い芸人 俳優 落語家 狂言師 司会者 スポーツキャスター
所属事務所 マセキ芸能社

*************************************************

スポンサードリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替