*

井森美幸モテキか?独身で年齢より可愛いとの噂

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 人気有名人

1984年に『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲ったのがきっかけで芸能界に入ってから30年が過ぎてしまった。ちなみに1984年は1万円札が福澤諭吉になった年でした。

そんな井森美幸さんに”モテキ”が訪れようとしている。
四捨五入で五十路。それにしては若く見られ、最近の若者の間では”美保純”につづき、「何故老けない?」と奇跡扱いだ。
デビュー時は16歳の幼さ残るポッチャリ顔でしたが、鼻筋は高く、通っているところも若く見られる要因かもしれません。

広告




【モテキ?のきっかけ】
今年の1月に有吉弘行さんがツイッターでUPした井森美幸さんの画像が反響が高く、「嫁さんにしたい」とまで投稿があり、今でも好感度は上がっているようです。

そんな井森美幸さんはデビューの翌年には歌手としても『瞳の誓い』でデビュー。オリコン週間チャート最高位32位を記録します。
ホリプロとしては第1回のグランプリが榊原郁恵さんで歌手としても成功を収めていたので、井森さんにかかる期待は大きかったのでしょう。ホリプロは事務所をあげてアピールを続けます。

「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」と思わせぶりなキャッチフレーズも印象に残りました。とにかくアイドル歌手として残りたかったのですが、同期には本田美奈子.、中山美穂、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯と強力なライバルがいたため、アイドル歌手での夢は叶わなかったようです。

広告




【”犬猿の仲”事件】
一年遅れでデビューした山瀬まみさんも同じくアイドル歌手として成功には至りませんでした。しかし気が強く頭の回転が早かった山瀬まみさんはバラエティーの分野で才能を開花させ、元祖バラドル(バラエティー番組で使えるアイドル)の地位を確立させました。

それを追従するように井森さんもバラドルを目指しますが、事務所では後輩に当たる山瀬まみさんの態度が気に入らなかったらしく、二人の間はギクシャクしてしまいます。いつしか二人は「犬猿の仲」と囁かれるようになりました。
山瀬まみさんがレギュラーだった番組に井森さんの出演が決まると何故かレギュラーの山瀬まみさんが欠席になるなど「犬猿の仲」の噂は誰もが知る事に。

そんな噂を事務所が意識したのか、後に二人が笑顔で共演する番組もありましたが、現在はそんな確執は無く、周りがヒヤヒヤすることも無くなりました。

【元祖:おバカキャラ】
井森美幸さんが20代の頃は今のように”おバカキャラ”という言葉は存在していませんでした。クイズ番組で回答席に座れる”おバカタレント”は一人くらい。どちらかといえば注目されると同時に「ばかにされる」という存在。そんな中でも井森さんは特に光っていました。(「クイズダービー」では16連敗を記録)

いづれにしてもデビュー以来ひさびさのモテキが訪れようとしている井森美幸さん。もちろんデビュー当時からのファンもいるでしょうが、ネットで騒いでいるのは殆ど井森さんより年下なのは間違いないところ。
最近は芸能人の年の差結婚も少なくない。そろそろブログでも作って女子力をアップさせてはいかがでしょう。

■プロフィール
芸名    井森 美幸(いもり みゆき)
本名    同じ
生年月日  1968年10月26日
出身地   群馬県 甘楽郡 下仁田町
身長    160cm
血液型   A型
職業    タレント 歌手 女優
所属事務所 ホリプロ

*************************************************

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • モバイル
PAGE TOP ↑
クレジットカードの口座振替